熱帯魚の個人輸入


インターネットで検索すると熱帯魚の輸入はとても難しくトラブルも多いという内容がたくさんヒットします。そういうこともあってか、日本人で熱帯魚の個人輸入をする方は、極めて少ないと感じています。ただ、トラブルにあった多くの方達の注文先を見てみると、アフリカや南米の熱帯魚卸売業に注文しています。現地の熱帯魚を販売している会社は、プロからしてもロシアンルーレット状態というのが実情で、希望している魚とは別物が届いたり、注文していない雑魚を大量に送りつけて来たり、病気の魚を送って来たり、到着した魚がほぼ死んでいたりとトラブルが絶えません。最悪な場合、送金後音沙汰なしという話も頻繁に耳にします。


一般的にペットショップで販売されているような熱帯魚が趣味の場合は、国内のショップから購入するのがベストですが、人とは違うレアな魚のコレクターは、なかなか好みの魚が見つからずに残念な思いをしているのではないでしょうか?というのも、特殊な魚はなかなか売れないので、同じ魚を一定量仕入れなければならないショップとしては効率が悪い商品なのです。


そんな、レアな熱帯魚コレクターに朗報です。BELOW WATERは、世界中のレアな熱帯魚を取り扱う専門業者。専門家の厳しいチェックで選別したレアな魚をカナダから日本へ直接お届けします。送料別で最低注文額は500ドル(US)から。日本語でオーダーでき、送金先も日本の銀行に対応しています。発送は、成田空港、羽田空港、関西空港留めです。通関は、時間のない方、遠方の方は専門業者に依頼しましょう(リスト)。ご自身での通関も可能です。通関の方法を紹介していますので、参考にして下さい。



ご注文に関する注意事項

1. 最低注文額:送料別500ドル(US)〜

2. 取引条件:銀行振込(先払い)

3. 送料:一箱300ドル(US)(45cm*45cm*35cm)10kg

4. 関税に関する情報:H.S.code 0301.19.000(種類により変動)〜2.5%(情報2019年版

5. 通関手続き:空港に行ける方はご自身で通関手続き可能。手数料はかかりますが専門の通関業者へ依頼すると楽です。



ご注文から商品受け取りまでの流れ


熱帯魚個人輸入の流れ



※全てのやり取りはメール(日本語)となります。

※季節などの関係でご希望の魚を入手できない場合もあります。

※価格は全て米ドル建てで請求時点の当社のレートを使用します。

※送金先は日本国内(三井住友銀行)かカナダの銀行を選べます。

※送金手数料はお客様負担となります。

※発送用の箱の大きさは固定となりますが10kgまでの送料は変わりません。

※発送は成田空港、羽田空港、関西空港止めとなります。

※個人輸入ですので通関の手配はお客様自身で行います。遠方の方、時間のない方は専門業者に依頼することをお勧めします。

※熱帯魚は生き物ですので空港到着後は速やかに受け取り水槽に移し替えて下さい。酸素不足で死んでしまう可能性が高まります。





お問合せは以下よりご遠慮なくどうぞ



















※送信しますとコピーがお客様にも届きます。届かない場合は自動的に迷惑メールに振り分けられているかメールアドレスに間違いがあります。

 © BELOWWATER.COM 2019